食品で服用が厳しいファイトケミカルはサプリで

ファイトケミカルは、植物性メニューの色素や香り、アクなどの素材から発見された化学物質で、抗酸化結果や耐性upなどに役立つとされています。身近なファイトケミカルとしては、赤ワインなどのアントシアニン、緑茶などのカテキン、大豆などのイソフラボン、ニンジンなどのカロテン、トマトなどのリコピン、ほうれん草などのケルセチン、高麗人参などのサポニン、ブロッコリーなどのスルフォラファン、ミカンなどのヘスペリジンなどがあります。
ただし、メニューに含まれるファイトケミカルの数量はごくわずかで、普段のごはんだけでは随分摂取しがたいのが現状です。そこでおすすめしたいのがサプリメントだ。
サプリメントによる際は、ファイトケミカルという名称ではなく、アントシアニンなどの素材ニックネームや高麗人参などのメニューニックネームで調べると良いでしょう。そうして、素材により効能も少しずつ違ってくるので、自分の探し求める効能によって各種ものを取り入れると良いでしょう。