アトピーにも効果があるにんにく卵黄

アトピー性表皮炎は、ダニやハウスダストなどの因子物体(アレルゲン)に関して過剰な免疫リアクションが起こり、炎症を引き起こす物体が大量に生まれる結果、表皮に赤みや湿疹、かゆみなどの不具合が起こる疾患ですが、免疫が低下するとアレルゲンに対してセンシチブになるため、免疫を上げることが不具合の軽減に良好といえます。

にんにく卵黄の主成分ですにんにくには、糖の交替を高めて新陳代謝を活発にするビタミンB1が多く、ビタミンB1の吸収を支えるアリイン(アリシン)が豊富に含まれています。
アリインは硫化アリルの一種でもあり、その抗酸化作用で血行を滑らかにしたり、消毒働きを通じてウイルスや有害な細菌の働きを抑制したり始める役目を持っています。
また、さほどの主成分です卵黄には、血行をスムーズにして動脈硬直を予防するビタミンEやレシチンが豊富に含まれているので、にんにく卵黄を摂取すればこれらの相乗効果での免疫細胞の産生をスムーズにして免疫をアップさせる効果が期待できるというわけです。

このようににんにく卵黄には免疫伸びをサポートしてアトピー性表皮炎の不具合軽減に効果的な成分が多く含まれているので、アトピーにお戸惑いの者はにんにく卵黄を一年中呑むことをお勧めします。