にんにく卵黄に含まれる有効シンの行い

巷で人気のあるにんにく卵黄ですが、なぜきちんと注目されているのか不思議に思っているお客もいるかもしれません。にんにくにはアリシンという成分が含まれているのですが、これは独特の辛味や圧力臭の元両者なっています。有力滅菌動作があって、サルモネラ菌や病原性のカビなどたくさんの物に効果を発揮します。そうして滋養強壮や美貌にもいいと知られているのは誰もが知っている通りです。但しアリシン自体は不安定な成分なのですが、ビタミンB1と結合する事でアリチアミンに変わります。こういうアリチアミンは脂溶性の物質なので体内にとどまり易く、理解も良くなるのです。その時のビタミン元として卵黄も組み合わされて、栄養分がたっぷりのにんにく卵黄として世の中に出回っているのです。それ以外にもアリシンは抗酸化動作、抗年齢動作、ヒーリングにフラストレーション鎮静など様々な動作を持っていますので、不規則な食事になりがちなお客にはうってつけのバックアップ食べ物なのです。